心と体を癒やす野菜

農園に携わるようになって、日々勉強です・・・

昨日は、東京国際フォーラムで開催された「オーガニックライフスタイルEXPO」に行ってきました。
自然農法に関連するブースが数社出店されていて、いろいろとお話を伺ってきました。
人それぞれに顔が違い個性があるように、同じ「無農薬、無肥料栽培」でも違いがあります。
まして、作物の育つ畑の状況や気候はさまざま・・・スタンダードな方法があるはずはないことは容易に想像ができます。
ただ基準はぶれません。 「無農薬」であり「無肥料」の農法であること。
食の安全には徹底的にこだわりたいと考えています。

 昨日のことですが、目覚めとともに思わされた事がありました。
忘れないようにBlogに書き留めておこうと思います。備忘録ということですみません。

 群馬ファームで育つ作物には、人を癒やすパワーが有るということ
もちろん天から降り注ぎ、土地の持っているパワー(愛)は格別でありますが、そこに携わる人の思いが作物に与える影響が深いと考えます。
お母さんが子供の成長を願いつくる日々の料理には、プラスアルファの愛のエネルギーが注がれます。
寂しい人には喜びを、健康を害している人には元気な体を・・・幸せな人にはもっともっと幸せに・・・
そんな「心も体も癒やす食材」を群馬ファームで育んでいきたいと思っています。
癒やしの野菜で神様とお父様をお伝えできるんじゃないかと・・・ なんかそんなStoryが浮かんだ朝でした。

161120
expoでは、自家採取、固定種の種と関連書籍を購入してきました。

「群馬ファームも素敵だなぁー」と、思ってくださる方はぽちっと
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

フォローする